大切なお知らせ(4/15更新)

2023.11.09

医療用ウィッグの収納方法は?収納前のケア方法とおすすめのグッズ

医療用ウィッグは繊細な作りをしているため、製品の特徴に合わせた適切な方法で保管しましょう。キレイなヘアスタイルをキープして、毛材の傷みを防ぐためにも、着用後のウィッグはケアを行った上でしまうことが大切です。必要に応じて専用のアイテムを使って、お手入れや収納を行うようおすすめします。

本記事では、医療用ウィッグの収納方法に関する情報をお伝えします。ウィッグをご利用になる方は、ケアの基礎知識からおすすめのグッズまで押さえておきましょう。

医療用ウィッグの収納方法【シーン別】

医療用ウィッグの適切な収納方法は、収納する期間の長さによって異なります。ご自身がウィッグを収納する場面に応じて、正しいしまい方を確認しておきましょう。初めに、シーン別の収納方法を解説します。

翌日も使う場合の収納方法

翌日も医療用ウィッグを着用する予定があり、一時的に保管する必要があるときは、専用のウィッグスタンドにかけて収納しましょう。収納場所には、通気性が良くて直射日光の当たらない所を選んでください。直射日光が当たると、ウィッグの毛材が傷んだり変色したりする可能性があります。また、湿気が多い場所に置くとウィッグの毛先がうねるおそれがあるため注意しましょう。その際は、ウィッグに布やハンカチをかぶせて保管すると、埃が付着しにくくなり防塵効果を期待できます。

長期間収納する方法

医療用ウィッグを長期間にわたり収納するときは、まずウィッグを清潔な状態にした上で、直射日光の当たらない通気性の良い場所に保管しましょう。

ウィッグを箱にしまいたい場合は、購入時と同じ状態に戻して、型崩れしないように収納します。ウィッグの内側に、丸めた柔らかい紙を詰めたり、毛先をUの字に丸めて保護用ネットに入れたりしてから箱にしまいましょう。その際は、ウィッグと一緒に防虫剤や除湿剤を入れても構いません。ただし、薬剤がウィッグに直接触れないよう注意してください。

長期的な収納では、定期的に箱の中を確認して、ウィッグの入れ方を少しずつ変えると良いでしょう。収納ケースの中で髪の毛に癖が付くのを防ぎやすくなります。

旅行や外出時の収納方法

旅行や外出で医療用ウィッグを持ち運ぶ必要があるなら、型崩れを防ぐために、柔らかい紙を丸めて内側に詰めると良いでしょう。その後、ウィッグがつぶれないように、収納バッグや収納袋などに入れて持ち運びます。少し大きめの袋を選んで、空気を入れてふっくらさせておくと、ウィッグの形が崩れにくくなります。移動先に到着したら、ウィッグを専用スタンドにセットしてブラシをかけ、スタイルを整えましょう。

医療用ウィッグを収納する前に行いたいケアの方法

医療用ウィッグは収納する前にお手入れを行って、キレイな状態で保管することが大切です。収納前のケアによってウィッグが清潔に保たれ、劣化を防ぎやすくなります。ウィッグを長持ちさせるためにも、欠かさずにお手入れを行いましょう。

毎日の収納前にするケア

【用意するもの】

  • 専用ブラシ
  • 専用スプレー
  • ウィッグハンガー

使用後の医療用ウィッグは、内側のネット部分に専用スプレーをかけてケアしましょう。汗や皮脂によるニオイを抑えることにつながります。全体をブラシでとかしたら、ウィッグハンガーにかけて風通しの良い日陰で自然乾燥させます。さらに、ウィッグの絡まりや静電気が気になる場合は、専用のスプレーやオイルを使ってケアしましょう。

長期間収納する前にするケア

医療用ウィッグを長期間にわたり収納するなら、事前にウィッグを洗って清潔な状態にしておく必要があります。汗や皮脂が付着したまま放置すると、毛材が劣化しやすいためご注意ください。収納前のケアでは、ウィッグ専用のシャンプーとコンディショナーを使って洗浄してから、タオルで水気を吸い取り、しっかりと自然乾燥させます。毛材に湿気が残るとカビの原因となるため、完全に乾いてから収納しましょう。

医療用ウィッグのシャンプーのやり方|失敗を防ぐ3つのポイントやおすすめのケアアイテム

医療用ウィッグの収納とケアにおすすめのアイテム

医療用ウィッグの収納やケアには、専用の収納用品やケア用品を用意しておくと安心です。最後に、医療用ウィッグの専門通販サイト「PreSta(プレスタ)」のおすすめアイテムをご紹介します。

日常のウィッグ収納に活躍するウィッグハンガー

「ロングウィッグハンガー」は、簡単に持ち運びできる折りたたみ式のウィッグスタンドです。医療用ウィッグの収納やブラッシング、シャンプー後の自然乾燥まで幅広いお手入れで活躍します。ウィッグを使用しない期間は、ウィッグハンガーにかけておくと型崩れや毛材の傷みを防げます。大切なウィッグを長持ちさせる秘訣は、正しいお手入れ方法や保管方法を守ることです。ぜひ日常的にご活用ください。

「ロングウィッグハンガー」商品詳細はこちら

毎日の収納前にスプレーするだけでニオイケアができるアイテム

「フラウフレッシュヴェール」は、ウィッグ専用の消臭スプレーです。医療用ウィッグを外した後、スプレーするだけで気になるニオイのケアができます。頻繁に洗えないウィッグを日々のケアで清潔に保つ上で役立ちます。肌に直接触れる商品だからこそ、化粧品基準を満たして安全性に配慮されているのもうれしいポイント。金属成分無配合のため、金属アレルギーの方でもお使いいただけます。

「フラウフレッシュヴェール」商品詳細はこちら

長期収納の前に汗や皮脂をオフできる専用シャンプー

「フラウシャンプーN」は、医療用ウィッグの洗浄に使える専用シャンプーです。ウィッグを長期間にわたり収納する前に、洗浄によって汗や皮脂をしっかりと取り除きます。特別にブレンドした天然のアロマ成分を配合し、ニオイ対策も可能です。毛材に付いた埃やベタつきまでオフして、清潔な状態で保管できます。

「フラウシャンプーN」商品詳細はこちら

大切な医療用ウィッグを適切な方法で収納しましょう!

医療用ウィッグの収納方法は、収納する期間によって異なります。一時的に収納する場合は、専用のウィッグスタンドにかけておきましょう。長期間にわたり収納するなら、ウィッグを洗浄して清潔にした上で、型崩れしないように箱にしまうのがポイントです。収納前のケアが毛材の傷みやニオイの防止につながります。その際は、医療用ウィッグの専門通販サイト「PreSta(プレスタ)」のアイテムを使うと便利です。ショップではケア用品を豊富に取り揃えており、オンラインでご注文いただいた商品をご自宅までお届けします。大切な医療用ウィッグを適切に収納するためにお役立てください。

抗がん剤治療時に欠かせないアイテムをお探しの方は「PreSta(プレスタ)」へ!

ページトップへ